口コミ体験談で注文する前に評価を見てみよう!

口コミ体験談とは

口コミ体験談の定義 口コミ(くちこみ、クチコミ)とは噂のうち物事の評判などに関することであり、大宅壮一の造語の一つです。 マスコミとの対比で生まれた造語であり、「口頭でのコミュニケーション」の略と解釈されています。本来は小規模なコミュニケーションで使われていたが、インターネットの発達で大きく広がり影響力が大きくなった情報源です。

現在ではインターネットやSNSにおいて口コミをマーケティングに利用する動きが盛んに行われている。 その流れの一つが消費者形成型メディアと呼ばれるCGM(Consumer Generated Media)という考え方である。 この考え方が登場した背景にはブログやSNSの爆発的な普及もあるが、企業の利害関係が生じにくい生の声による判断をする人の増加が強いと考えられる。多くの新サービスが特定カテゴリー+口コミという形で生まれ、消費者はこれらの口コミ体験談を自由に閲覧することができます。

肯定的口コミ

肯定的口コミをめぐる問題 中には企業側が商品を提供し、或いは報酬まで支払って個人ブログ等にレビューを書かせるといった事例もあり、これがニュース番組で取り上げられたところ、やらせ疑惑が浮上してブログが炎上するなど問題になったことがある。 特に著名な事例としては、2006年11月にNHKニュースウォッチ9で取り上げられた坊農さやかの例が挙げられる。 こうしたトラブル防止の観点から、2010年3月、大手広告代理店などで構成される業界団体では、ブロガーらと広告主との関係性を明示する等のガイドラインを策定している。

否定的口コミ

否定的口コミをめぐる問題 2014年9月、リフォーム業者が、リフォーム業者をランク付けしたサイトで最下位とされ名誉を傷つけられたとして情報開示を求めていた訴訟で、京都地裁は「ランキングが真実であることを裏付ける証拠がなく、権利侵害は明白だ」と判断してサイトのあるサーバー運営会社に、サイト管理者のIPアドレスなどの情報を開示するよう命じた判例がある。 2015年4月には、千葉県内の診療所が、地図検索サイト「グーグルマップ」に投稿された口コミについて事実と明らかに異なる記述で名誉を傷つけられたとして削除の仮処分を求めていた問題で、千葉地裁松戸支部はグーグルに削除を命じる仮処分決定を出した(グーグルは異議を申し立てる方針を明らかにしている)。 このように、故意に競合相手に悪い評価をつけ、評判を落とす行為も見受けられ、ブログだけでなく口コミ情報サイトも投稿内容の正確性や真偽を見極める必要が出てきました。

口コミ利用方法

口コミ利用方法 上述した通り、口コミには良い内容、悪い内容があり、それが真実であるのかヤラセなのか判断するのは難しいものである。 口コミ体験談の利用者は、書かれている内容で全てを判断せずに、ご自分が評価する参考情報程度にするという姿勢で閲覧するのが基本であり、良いと書かれているから大丈夫とか、悪いと書かれているからやめるという評価をしては、ニセの書き込みを行ったものの罠にはまったも同然と言えるでしょう。 要するに、口コミは参考情報程度にとどめ、最終判断は自身の判断にゆだねられるわけです。

口コミ情報の正確性

口コミ情報の正確性 では、クチコミ情報は正確ではないのか? という疑問が生じてしまい、安心して口コミを信用する事ができないという事象が発生してしまう。これでは便利なインターネットも「宝の持ち腐れ」であり、何とももったいない話である。 悪意のあるニセの書き込みを排除する方法は無い。サイト所有者が自身の評価を高く書きこむことや、競合店を悪く評価すること、こんな嘘の情報を取り除くことはできないのです。 しかし、統計的に見れば、嘘の情報は一部でしか無くなり、多くの情報が本当の正確な口コミ評価だと言えるでしょう。 要するに、書き込み数の多い口コミ情報は正確性が高く、一部の相反する評価は偽物の可能性が高いという事になります。 このように考えると、口コミサイトは利用方法を誤らなければ、とても有意な情報を提供してくれていると考えられます。

ニセ書き込みに注意

ニセ書き込みに注意 ニセの口コミを見破る方法があります。もちろん、全てではありませんが、これを知っておくと騙されないで、正しい情報だけをピックアップすることが出来るかも知れません。 まず、商品本体のレビューなどに関する口コミの場合、その商品の機能や性能について細かいレベルまで具体的に書かれている口コミは本物と判断できます。 何故ならば、その商品を買った人しかわからない情報だからです。単に「悪い」だけでなく「○○だから悪い」という風に理由付けされていれば、それは消費者が本当に感じた真実であると考えられます。 一方、機能や性能に触れずに悪い評価だけ書いている場合は、抽象的すぎて何が悪いのかわかりません。これは反対に良い評価の場合も同じです。
具体性の無い評価は無視するように心掛けましょう。

口コミが無い場合

口コミが無い場合 口コミ情報は、その商品やサービスを利用した方たちから、少しずつ集められた評価集のようなものです。 しかし、レアな商品や小さな商店の場合は、口コミ体験談が存在しない場合があります。 このような場合は、ヤフー知恵袋などを使って、全国のユーザーへ問いかけを発信するのも良いでしょう。その質問への回答が口コミとなり、蓄積されていくことで新しい口コミ体験談情報が構築されていくのです。

口コミ情報を正確にするために

口コミ情報を正確にするために ここで、お願いがあります。口コミ情報を見ている多くの方は、何かを評価して口コミを書いたことがありますか? 一部のアンケートによると、「口コミは利用するが評価したこと(書きこんだこと)は無い」人が90%以上を占めるそうです。 これでは、悪意のあるニセ情報の比率が高くなってしまうのです。口コミを参考にして、その結果良かった、悪かったという利用者の情報を評価として書き込んでいけば、ニセ情報の比率が減り、その情報はおのずと正確なものになるんです。 口コミ評価は閲覧者の皆さんと一緒に作り上げる情報源です。 皆さんも、口コミ体験談の投稿に参加することが、正確な評価を作ることになるのです。

海外医薬品を個人輸入した口コミ体験談

海外医薬品を個人輸入した口コミ体験談 インターネットが普及し、高齢の方でもパソコンやスマートフォンで口コミ体験談が閲覧できる時代になりました。海外医薬品の注文で悩んでいる方は、どこが最安値か?など価格面での安さを求めて検索する一方、自分の体質に合っているか、副作用は大丈夫か?など、不安な事柄も他人の口コミ体験談で解決しようとするものです。
これらのクチコミ情報は一般的な情報であり全ての人に当てはまる内容とは限りませんので、鵜呑みにせず参考情報として扱うようにして下さい。

最安値で海外医薬品を注文したい方へ

当店はお客様からの注文を受けて、海外からご注文の商品を個人輸入する手続きを代行する個人輸入代行業者です。 取扱いの医薬品は米国FDAなど世界各国では承認されていても、日本においては認可されていない未承認医薬品であることがほとんどです。これらの未承認医薬品であっても、個人が使用する目的で輸入する事は法律上、問題無く、合法的に輸入できるのです。

個人輸入で輸入できる商品の数量には制限があり、一般的に医薬品(要指示薬)は1カ月分、サプリメントや外用薬は2カ月分と定められています。この数量を超える輸入は税関にて没収される場合がありますので十分ご注意ください。他社で輸入した数量も対象となりますのでご注意ください。

海外医薬品は業界最安値の価格でご提供させていただいておりますが、他社より高い、もっと安くとのご要望はメールにてお問合わせください。 特に、複数個口やまとめ買いなどは値引きを検討しますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

最安値でご注文いただいた海外医薬品は、インドの医薬品業者から発送いたしますが、国際郵便物と言う性格上、郵便事故(遅延・紛失・破損・水濡れ)に遭遇する確率も高く、発送元業者の数量間違い、商品間違いなども発生致します。 これら、お客様に責任の無いトラブルは、全て弊社の保証で再発送など対応いたしますのでご安心ください。

海外医薬品の最安値でのご注文は個人輸入代行V-STOREをご利用ください。

100%配達|本物|品質保証

ご注文いただいた商品は100%配達保証、本物保証、品質保証でお届けいたします。ご自宅への配達の他、郵便局留め、営業所留め、会社宛、事業所宛ても承ります。但し、宅配ロッカーは利用できない場合があります。 お支払いは銀行振込み、クレジットカード、コンビニ払い、後払い、商品代引き、代金引換など利用できます。

↑ PAGE TOP